人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見工業高生が手作り積み木寄贈

tweet
2019/06/28掲載(北見市/社会・教育)

放課後等デイサービス「みらい」に

「喜んでもらえてよかった」

北見工業高校(斉藤穣校長)の建設科3年生がこのほど、(株)青空みらいが運営する北見市大正の事業所・放課後等デイサービス「みらい」に手作りの積み木100個を寄贈した。

 同校3年生の課題研究の授業で、ボランティア班の6人グループが担当。同事業所の児童発達支援管理責任者・女性が同校の元養護教諭だったつながりから、要望を受けて制作した。

 積み木の材料は、測量で使用した木材などをリサイクル。子ども達がけがをしないように角を削り、表面をなめらかに仕上げ、正方形70個、長方形30個の積み木と木製の収納ケースも完成させた。

 制作グループの中から4人が同事業所を訪問し、心を込めて作った積み木を子どもの代表にプレゼント。子ども達は目を輝かせ、すぐに積み重ねたり、並べたりと夢中になって遊んだ。

 女性は「木の温もりあるおもちゃに触れさせてあげたいとお願いしました。子ども達もうれしそうで、ありがたいです」と喜んだ。

 積み木制作メンバーの男子生徒は「子ども達が遊んでいる姿を見て、頑張って作ってよかったと思いました」と話していた。(菊)