人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

とびうお杯少年少女水泳大会初出場

tweet
2019/07/02掲載(美幌町/スポーツ・教育)

NEXT網走スイムチーム 美幌・女子児童
2種目とも自己ベスト更新を
100メートル、200メートルで「今年はジュニア五輪にも」

いざ全国へ

 網走市内のスイミングスクール「NEXT網走スイムチーム」に所属する美幌東陽小5年女子児童が、8月3日から静岡県で開かれる「とびうお杯第34回全国少年少女水泳競技大会」に初出場する。

 出場種目は女子の100メートル自由形と200メートル自由形。100メートルは4月に紋別市、200メートルは5月に札幌市で開かれた大会でともに参加標準記録を突破して出場権を得た。

 4、5月の大会ではともに自己ベストも更新。中でも100メートルは1分7秒54のタイムで、9-10歳で1位に入った。「100メートルは自信があった。200は大会であまり泳いでなかったので、そこまで自信はなかった」と話す。

 他の大会を含めると全国大会は3度目。「両種目とも自己ベストをさらに更新したい。100メートルは1分6秒台、200メートルは2分26秒台を目指したい。今年はジュニアオリンピックにも出場したい」と目標を見据える。

 大会まで1カ月と少し。週5回の練習を重ねる。「ターンの時に手が水の上に出ないようにしたり、息継ぎをする時に顔が上がり過ぎないようにしたい」と向上を誓っている。(浩)