人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

検証 前後で違うナンバーの車 (1)

tweet
2019/07/05掲載(北見市/社会・本誌連載)

車のナンバーひらがなが前後で違い
今年の車検で発覚?乗れない事態に

北見市留辺蘂の男性(63)が6月下旬、自家用車の車検を受けたところ、車のナンバーの表記の一部が前後で異なっていることが判明。車検証が発行されず、車に乗れない事態となっている。男性には身に覚えがなく「この車は定期的に車検を受けて違反や事故もなく11年乗ってきた。一体どうしてこんなことに…」と困惑している。購入してから何度も車検を受けてきた車のナンバーが実は前後で異なっていた…そんなことがあり得るのか? 取材した。

所有者、留辺蘂の男性も困惑「車検受け11年乗ってきたのに」
ナンバーのすり替え疑うもアルミ製の封印に交換された形跡なく

(左)後ろ側のナンバー。封印されているが「さ」は車検証と異なる表記。(右)前側のナンバー。ひらがなの「す」は、車検証に記載されたもの。

(左)後ろ側のナンバー。封印されているが「さ」は車検証と異なる表記。(右)前側のナンバー。ひらがなの「す」は、車検証に記載されたもの。

男性の車は札幌在住時の平成20(2008)年に車検が1年残っている状態で購入した中古車。キャンピング仕様の国産大型SUVだ。その後4回の車検を札幌で受け、留辺蘂に転居。29年には北見運輸支局で車検を受け合格している。しかし、今年の車検時にナンバープレートの表記が前と後ろで異なっていることを指摘されたという。

 このナンバーは、管轄の運輸支局を表す地名やほかの数字は同じで、ひらがな表記だけが違っていた。しかも、車検証に記載された自動車登録番号と同じひらがなのナンバーが前側で、封印が施された後ろ側に車検証の記載と異なるナンバーが付いている状況だった。

 検査場の所長(独立行政法人自動車技術総合機構の北見事務所)から報告を受けた北見運輸支局の登録担当者は「前後のナンバーが違うというケースは通常であればありえないこと」と話す。

 男性は、検査場の所長から「前回の車検時に前後を確認した」と聞いている。登録担当者からは「平成29年の車検から今回までの2年の間に、ひらがな違いのナンバープレートを誰かが不正に入手し、何らかの形で封印を施した可能性もある」と聞いた。

 男性は「自分も、この車に乗ることがある息子にもまったく身に覚えがない。ナンバープレートを前後で変え、しかも封印のある後ろ側をなんて、そんなことをするメリットは何もないですから」。

 もしかして自分が気付かぬうちにナンバープレートがすり替えられていたのでは-。男性は念のため警察に盗難届を提出した。車を確認に来た2人の警察官が、ひらがな違いの後ろ側のナンバーは過去2年の間に交換されたものではなく、もっと古いということ。封印は本物であると確認したものの、番号違いでも現物のナンバーがある以上、盗難届としての受理は難しいとされた。

 アルミ製の封印は台座も白く錆びており、近年に施されたようには到底見えない。また検査場の所長もこの封印が本物であると報告している。〈続く〉(公)