人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見中央図書館で「北見模型展示会2019」

tweet
2019/07/17掲載(北見市/行事)

実行委員長務める 男性店員(35)
「気軽に立ち寄ってほしい」
8月3日、4日

北見の老舗模型店・鳩屋模型と北見市立中央図書館の共催による「北見模型展示会2019」が8月3日(土)と4日(日)、同館の多目的視聴覚室で開かれる。道内のサークル6団体が参加する、北見で過去最大規模のイベント。メンバーのこだわりの作品100点以上を並べるほか、来場者が作品を持ち込んで自由に展示できるスペースを設け、撮影ブースも開放する。実行委員長で同店に勤務する男性店員(35)に、イベントにかける思いを聞いた。

道内6サークルが参加 北見では過去最大級
持ち込み自由展示、撮影ブースも興味持つ人が増えれば
シリーズ TALK・トーク・とーく426

-イベント開催の経過を教えてください
「昨年12月に釧路で規模の大きい模型展が開かれ、見学に行きました。道東では釧路、帯広で盛んに模型のイベントが開かれていますが、北見では他地域の団体が参加するような規模の大きい模型のイベントが開かれたことがないので、開催できないかと思い立ちました。北見市立中央図書館で昨年1月と今年2月にプラモデル講座が開かれ、私が講師を務めた縁があったので図書館に提案したところ、共催で開けることになりました」

-イベントの内容は
「北見をはじめ、帯広や遠軽で活動するサークル6団体の参加が決定し、100点以上が展示されます。スペースの都合を考慮しながら、さらに展示数を増やすことができればと調整しているところです。あとは、来場される皆さんが作品を持ち込んで自由に展示できるゲストスペースも設けますし、雑誌に掲載されるような写真が撮影できるスペースも開放します。また、初日には初心者向けの模型教室を予定しています」

-北見の“模型熱”は高いのでしょうか
「中央図書館で開かれた過去2回のプラモデル講座は、子どもから年配の方まで幅広い世代が参加し、いずれも定員を上回る申し込みがありました。活動しているサークルもありますし、私が勤務する鳩屋模型では(アニメの)ガンダムシリーズのプラモデルの新作がいつも品切れになりますので、好きな人はたくさんいると思います。ただ、テレビやスマホなどゲーム世代の小さい子どもの中には、プラモデルを作ったことがない、見たことがないという人も多いと思います」

-イベントにかける思いを聞かせてください
「参加団体のメンバーによるこだわりの作品が、ずらりと並びます。この展示会をきっかけに、模型に興味を持つ人が増えればいいなと願っています。私の夢は、模型を通じた地域活性化です。今後もこのようなイベントが続く足掛かりにできるといいですね」

-読者にメッセージを
「入場無料の展示会なので模型ファンだけでなく、見たことがないという人にも気軽に立ち寄ってほしいと思います。展示作品の写真撮影とツイッターなどSNSへの投稿もOKなので開催期間中、みんなでイベントを盛り上げてください。よろしくお願いします」

 イベントの開催時間は3日が午前10時~午後6時、4日が午前10時~午後3時。詳細は同店(0157・23・2867)へ。 (匡)