人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

社明運動一人ひと言

tweet
2019/08/09掲載(北見市/社会)

オホーツク社会福祉専門学校・男子学生

ユーミンの歌を胸に

「かなしいことがあると、開く革の表紙 卒業写真のあの人は優しい目をしてる~♪」松任谷由実さんの「卒業写真」という曲の一節です。あの頃は友達と一緒にいるだけで嬉しかったですし、互いのことを気に掛けていて、喜びも悲しみも自分のことのように感じ合っていた気がします。そんな素敵な時間をプレゼントしてくれた当時の社会、学校、大人達には感謝の気持ちしかありません。

 そして今自分はその役割の担い手になれているのだろうか。困っている人を見かけたときに自分のできることをやっているのだろうか。忙しいから、気分が乗らないからといって挨拶を省略していないか。感情に任せて人を攻めすぎていないか。省みるに心もとない限りです。

 社会を明るくするには自分の心も明るくすることが大切だと思います。昔、好きだった彼女に街で見かけられても恥ずかしくない自分でいたいと思います。彼女には「卒業写真のおもかげが~そのままだったから~♪」と歌ってほしいものです。困っている人に席を譲る、笑顔で挨拶する、強く人を攻めない「優しい目」をした自分であるように心がけていきたいと思っています。