人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

鉄彫刻のトラクターづくり

tweet
2019/08/20掲載(訓子府町/話題)

訓子府で制作風景公開

武蔵野美大卒の作家2人
公用車で送迎も
完成品はレクリエーション公園で展示へ

 武蔵野美術大学(東京)卒の彫刻家、李旭さん(26)と細井えみかさん(25)の2人が3日から、菅野養蜂場倉庫兼作業場(訓子府町常盤)で鉄柱を使い、トラクターをモチーフにした彫刻作品を制作している。8月末に完成予定。9月上旬には町内のレクリエーション公園に展示する。

 彫刻作品制作は訓子府町と同大学との連携事業「アート・タウン・プロジェクト」の一環。2017年から毎年、大学が推薦する作家が町内に滞在し、彫刻作品づくりを行っている。訓子府開拓の歴史をテーマに初年度が木製のくわ、2年目が石の馬。

 3年目の今年は李さんと細井さんが担当。鉄柱を切断したり溶接して車輪、ボディをつくりトラクターを完成させる。2人は「あらゆる方角から見て楽しめる作品にしたい」と話している。

 作品づくりの様子を公開しており、町教委は制作期間中の毎週月曜日公用車による送迎で見学会を行っている。町公民館前を午前10時に出発する。月曜以外の平日も相談に応じる。観覧無料。

 問い合わせは公民館(0157・47・2121)へ。   (成)