人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 きらり! レディース (62)

tweet
2019/08/30掲載(北見市/本誌連載)

北見出身の陸上選手 大阪成蹊大 藤森 栞菜さん
女子100㍍ハードルで標準記録突破など条件達成

 北見高栄中学校、北見緑陵高校出身の陸上競技選手、藤森栞菜(かんな)さん(大阪成蹊大学3年)が女子100㍍ハードルで、来年の日本選手権出場のためのB標準記録を突破した。国内最高峰の難関。持ちタイムのほか、今月網走市で開かれた北海道陸上競技選手権で同種目3位に入り、条件をクリアした。20歳を過ぎても“伸び盛り”で「来年はもっと進化してますよ」と目を美しく輝かせる。

日本選手権出場へ「来年はもっと進化を」
大学生活の集大成、国内最高峰に挑む

北海道陸上選手権女子100㍍ハードル決勝で藤森さん(右)

北海道陸上選手権女子100㍍ハードル決勝で藤森さん(右)

 北見緑陵高3年のとき同種目のインターハイ(県立岡山陸上競技場)で、オホーツク管内記録を更新する13秒98で決勝に進出。有言実行で高校生全国8強のファイナリストに仲間入りした。同じく高校3年の国体道予選では女子少年A100㍍で全道優勝。10月のいわて国体では4×100㍍の北海道チームで第一人者の北風沙織さん、福島千里さんの間に入って3走を務め、チームは全国3位に輝いた。

 陸上競技の強豪の同大学に進学し、その後も学生陸上選手権などでレベルの高い戦いにチャレンジしている。

 女子100㍍ハードルの日本選手権B標準は、13秒80以上のタイムと所属地域の選手権で3位以内に入ること。藤森さんは13秒80の自己ベストを持ち、今回、北海道選手権で3位に入ったことで条件を突破した。

 高校生のときに学校祭の準備で足を骨折したが「自分が悪いので」と言い訳せずに競技を続けた頑張り屋。スピードとバネを兼ね備えた、華麗なハードラーは陰で地道な練習も欠かさない。

 日本の女子100㍍ハードル界は、31歳の木村文子選手が今年の世界選手権日本代表、また同種目の日本記録と北海道記録を持つ寺田明日香さんが29歳にして今年再び陸上競技に復帰するなど、息の長い競技のようだ。

 北見緑陵高校で指導した伊藤浩紀教諭は「大学1、2年の時は記録が伸びず苦労したようです。これを克服し今年自己ベストを出した。頑張りがオホーツクの中学・高校生選手の励みになれば彼女もうれしいはず」と話す。

 藤森さんは大学生活最後となる来年に向けて決意も新た。「来年の今頃はきっと化けているから見ていて」と、優しさに隠れた強い気持ちで日本最高峰のレースに臨む。   (寒)

 

表彰台で笑顔を見せる藤森さん

表彰台で笑顔を見せる藤森さん