人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

防災を考える

tweet
2019/09/06掲載(北見市/社会・本誌連載)

北見地域救急災害総合訓練
北見市防災総合訓練

土砂崩れを想定、各機関の連携確認
防災週間に合わせ…市民にも自主防災呼び掛け

防災訓練の様子

防災訓練の様子

 北見地域救急医療対策協議会と北見市防災会議主催の「北見地域救急災害総合訓練」兼「北見市防災総合訓練」が8月30日、川東河川敷多目的広場で開かれた。行政や消防、警察などの関係機関と市民計600人が参加して救出訓練などを行い、万が一の事態に備えて連携を確認した。

 震度5強の地震が発生し、前日からの大雨で地盤が緩んでいたため土砂崩れが起きて車両4台が巻き込まれた―という事態を想定。

 参加した関係機関は連携を取りながら災害対策本部の設置、情報収集・伝達、避難所開設を進め、土砂に巻き込まれた車両を掘り出しドアをこじ開けるなどして閉じ込められた人を救出(写真)。参加した市民は指示に従って避難し、非常食の炊き出しも体験した。

 これらの訓練は『防災週間』(8月30日~9月5日)にちなんで毎年、行われている。市防災危機管理課はあらためて、市民に水や食糧の備蓄など自主防災の取り組みを呼び掛けている。     (匡)