人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 企業家・渋沢栄一 (2)

tweet
2019/10/04掲載(北見市/本誌連載)

北海商科大名誉教授・菊地均氏寄稿

青年渋沢は時代の激流の真っ只中に

 渋沢が生まれた天保11年というのは、明治元(1868)年から数えて28年も前のことである。言うまでもなく、その頃の日本は将軍とか大名とかいう階級の者が社会を支配していた。端的に言えば、刀をさした武士が政権を握り、威張っていたというわけである。ところが、この幕藩体制を崩壊に導く様々な事件が、渋沢の青年時代に次から次へと目まぐるしいばかりに起こり、青年渋沢は時代の激流の真っ只中に身を委ねていたのだ。

 渋沢はもともと武士の出身ではない。かつて中山道の宿場町として栄えた深谷宿と利根川の間に血流島と呼ばれた村があり、この村で米、麦、野菜の栽培、藍玉(運搬用に固めた藍)の製造・販売と養蚕を兼業する豪農、すなわち今日でいう農商工連携を一身に営む企業家の出身である。しかも、本人は6、7歳ころから論語をはじめ四書五経を学び、その後『日本外交史』『十八史略』などを読み漁り、神道無念流の剣術を修めるが、これは当時の知識階級たる武士の子弟が普通に受けていた教育と同じ内容のものであった。

 この儒教的態度を底流にした武士道的な教養が、生涯を通じ渋沢の生き方を決める重要な精神的よりどころとなっていたように思われる。

 しかし渋沢には、普通の武士と違って農工業者としてはもとより、企業家としての経験と才能があった。

 ペリーが浦賀に来航した嘉永6(1853)年、渋沢は13歳で、初めて父に代わって買い入れをやり、大いに成功を収め父にほめられたり、14歳の時からは単身で藍葉の仕入れに出かけるようになったりした。この時から8年ばかりの間は彼が家業に励んだ時期で、この間に彼は企業家としての基本的な修行を積んだようである。