人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 企業家・渋沢栄一 (5)

tweet
2019/10/26掲載(北見市/本誌連載)

北海商科大名誉教授・菊地均氏寄稿

郷里を離れ、ひそかに京都へ上る

 渋沢らに不穏な計画があることは幕吏の察知するところとなり、渋沢は同志の一人で従兄の喜作とともに郷里を離れ、ひそかに京都へ上ることになる。だが百姓あるいは浪人として旅をしたのでは捕まる恐れがあったため、渋沢はかねてから自分に好意を寄せてくれていた一橋家の家臣平岡円四郎の推挙により一橋慶喜の家来にしてもらって、武士姿で京都に向かう。

 爾来(じらい)、渋沢の生涯にとって大きな転換期を迎える。いろいろな経緯はあったが、ともかく渋沢は平岡の推挙によって、尊皇討幕の思想を抱いたままで、一橋慶喜―やがて15代将軍となる人―に仕えることになる。ここでは一橋家領内の産業振興や農兵の募集に才能手腕を発揮し、勘定組頭という地位に上る。

 慶応2(1866)年、慶喜は15代将軍となるが、この時渋沢は幕府が遠からず倒れることを予想し、その後の来るべき政治情勢を考慮し、慶喜の将軍就任に大反対を唱えた。

 けだし渋沢は慶喜が英明な指導者であることを知り、この人物を幕府倒壊後の政局の中枢に据え、慶喜を通じて自分の志を天下に知らしめたいと思ったのも事実である。しかし、慶喜には慶喜自身の考えがあって、あえて将軍職に就き、翌年政権返上を明治天皇に奏上(そうじょう)する覚悟がすでにできていたのである。