人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 企業家・渋沢栄一 (6)

tweet
2019/10/31掲載(北見市/本誌連載)

北海商科大名誉教授・菊地均氏寄稿

随行員としてフランスへ

 慶喜が将軍になるに伴い渋沢も幕臣とされるが、かなり腐りきっていた。その時、思いがけない話が舞い込んでくる。慶喜の弟で清水家を相続していた徳川昭武がフランスへ親善使節として派遣されることになったので、その随行員としていくようにと命じられた。

 これは、1867(慶応3)年パリで万国博覧会が開かれ、各国から帝王や使節が参列することになっていたり、駐日フランス公使からの勧めもあったりしたので、幕府は将軍の弟昭武を派遣することに決めたからである。しかし、昭武は時に15歳の少年ということから、使節の役が済んだ後はフランスに留めて勉学させよう、というのが慶喜の考えであった。慶喜は当時、渋沢の人物と才能を見抜いていたので、昭武一行の御勘定格陸軍附調役として渋沢を任命したのだ。

 渋沢は大いに喜んでこの任務を引き受け、慶応3年正月横浜港を船出し、約2カ月かけてマルセイユに上陸した。これより約1年5カ月の間ヨーロッパに滞在し、その間各国を歴訪し、近代西洋文明の進歩した有様と軍備を視察したため、得るところが大きかったようである。