人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

タブレットで手話通訳サービス

tweet
2019/11/05掲載(美幌町/社会)

美幌町障がい福祉担当窓口

 美幌町は1日、タブレット端末による遠隔手話通訳サービスをしゃきっとプラザ2階の障がい福祉担当窓口で開始した。

 端末を通じ、平日午前9時~午後5時に北海道聴覚障がい者情報センター(札幌)に常駐する手話通訳者が、窓口を訪れる聴覚障がい者と町職員の会話をサポートする。

 初日は町内の手話サークル「美幌手話の会ピポロ」のメンバーらが窓口を訪れ、サービスを体験。端末に映る手話通訳者を介して職員と会話した。

 窓口に手話ができる職員がいないため、これまでは筆談で対応していた。サービスを体験したピポロの安藤順一さんは「筆談は時間がかかり大変だが、通訳のお陰でとてもスムーズに会話ができた」と評価していた。

 サービスは北海道の2020年3月までのモデル事業で、町がタブレット端末と回線費用を負担する。町は「モデル事業終了後の継続についても検討したい」としている。(浩)