人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

高台寺に「ほほえみの鐘」

tweet
2019/11/07掲載(北見市/社会)

追慕鐘舎の落慶法要
首座法戦式など一連の法制大法要
大切な人を思い、心清らかに

グラフ

 1901(明治34)年開創の曹洞宗護國山高台寺(佐伯至純住職、北見市大町)境内に、念願の鐘つき堂「ほほえみの鐘」追慕鐘舎(ついぼしょうじゃ)が完成し2日、落慶法要が行われた。併せて修行僧が一生に一度披露する禅問答の首座法戦式(しゅそほっせんしき)など一連の結制大法要が執り行われた。

 精霊を追慕し供養するとともに日々幸せに過ごせるよう願いを込めて、ほほえみの鐘と名付けられた。大きな梵鐘は鐘楼の階上にあり、寺を訪れた市民誰もが撞(つ)くことができる鐘つき堂の建立を寺として望んでいた。

 由緒書きには「鐘舎は、京都の宮大工の手による総檜造り。唐破風(からはふ)屋根の鐘つき堂は全国でも珍しい」とある。撞き棒はシュロの木。堂内はヒノキの良い香りが漂う。煩悩の海を渡るという渡水橋も設置された。佐伯住職は「誰もが撞くことができる鐘は念願でした。どうぞ大切な人を思って撞き、心清らかになってもらえれば」と鳴鐘供養を勧める。

 翌3日には住職長男の純哉(じゅんさい)師の副住職辞令伝達式、大本山永平寺で修行中の次男・尚哉(しょうさい)師による首座法戦式などが、多くの僧侶、檀信徒の参列のもと執り行われた。