人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全国高校弓道選抜の団体戦・道代表に

tweet
2019/11/16掲載(網走市/スポーツ・教育)

網走南ヶ丘高弓道部女子
2年連続出場「予選突破を」

 網走南ヶ丘高校弓道部女子は、12月23日から群馬県で開かれる第38回全国高校弓道選抜大会・団体戦に北海道代表として出場する。同女子は10月に旭川市で開催された北北海道大会で連覇を遂げ、昨年に続き大舞台への挑戦権を手にした。

北北海道大会で悲願の連覇達成
「尊敬する先輩に恩返しを」
いざ全国へ

 南ヶ丘の団体メンバーは2年生の女子生徒4人と1年生の1人。大会前から“連覇”という強いプレッシャーと戦いながら練習に打ち込んだという。

 北大会の女子団体戦には13チームが出場。南ヶ丘は予選を2位で通過し、上位4チームの決勝リーグに進んだ。

 決勝の初戦は予選1位の釧路湖陵と対戦。この試合を8ー4で快勝すると、続く旭川農業戦を8ー6、北見柏陽戦を6ー5の僅差で制し、3戦全勝で2年連続2度目の全道の頂点に立った。2年女子生徒は決勝で全12射のうち11本的中という9割超えの好成績で勝利をけん引した。

 選手達は「どうしても優勝したかったので、勝ててほっとしました」「サポートしてくれた部員に感謝」「みんなで切磋琢磨したことが良い結果につながった」などと感無量の様子で心境を吐露。「全国大会では予選を突破し、尊敬する先輩に恩返しがしたい」と闘志を燃やしている。         (柏)