人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

生き様学び地域に貢献を

tweet
2019/11/21掲載(北見市/社会)

北見まちづくり青年会が北見まちづくり龍馬会に改称

全国で206番目の龍馬会に

 北見まちづくり青年会として活動してきた、北見市の若手経済人らがその名も新たに「北見まちづくり龍馬会」と改め15日、市内のホテル黒部で発足式を開いた。幕末の志士・坂本龍馬にちなんだ改称で「龍馬の生きざまを学び、地域に貢献していきたい」と意気込みを新たにしている。

 青年会として4年間、ボランティア清掃やカラオケバトル開催など地域おこし活動を行ってきた。龍馬の出身の高知と北見は姉妹都市であり、おいの坂本直寛率いる北光社移民団との縁も深いことから、そんな心意気を忘れまいと改称した。

 30代~40代の約30人で活動。発足式では、自己の資質向上を図り、希望に満ちた社会づくりに積極的に参画することなどを確認した。全国各地に龍馬会があり、全国龍馬社中から、206番目の団体として認定すると届いた登録証がお披露目された。会長(40)は「龍馬の精神を基礎に、誇りをもって活動していきたい」と力強く挨拶した。

 会員の勉強会をはじめ、龍馬まつりなど市民参加型のイベント開催も検討していく。
        (寒)