人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

パワーリフティング 北海道学生選手権

tweet
2019/11/22掲載(網走市/スポーツ)

初出場で団体優勝

 ウェイトトレーニング好きの学生が集まり発足したばかりの「東農大オホーツクバーベルクラブ」が、初めて出場した公式大会「北海道学生パワーリフティング選手権大会」(11月10日、札幌市)で団体優勝した。主将の4年男子学生は「全道大会で優勝したことを機にパワーリフティングに興味を持ってくれる人がもっと増えてほしい」と話している。

東農大オホーツクバーベルクラブ
力自慢集結、発足すぐの快挙

「東農大オホーツクバーベルクラブ」のメンバー

「東農大オホーツクバーベルクラブ」のメンバー

 同クラブは先日、正式に同大のサークルとして登録されたばかり。アメフトやラグビー、陸上などの筋肉トレーニングとして市内ジムで汗を流していた同大学生が意気投合し、サークル結成に至った。

 サークル名を「バーベルクラブ」としたのは、「『パワーリフティング』という言葉より多くの市民が知っている言葉のほうが認知されやすいと思いました」(関係者)。

 道学生選手権大会には、強豪の北海学園大学や室蘭工業大学などの大学・専門学校が出場し、個人・団体で実力を競った。

 パワーリフティング競技は、ベンチにあお向けに寝てバーベルを持ち上げる「ベンチプレス」、肩に乗せて屈伸する「スクワット」、立った状態で床に置いたバーベルをひざ下まで持ち上げる「デッドリフト」の3種類。各種目で成功した最重量の合計で順位が決まり、団体戦は個人ポイントの合計で競われる。

 東農大は「53㌔級」から「120㌔超級」に9人が出場。このうち4人が優勝した。

 主将は120㌔級に出場。ベンチプレスで142.5㌔をマークし、周囲を驚かせた。120㌔超級の4年男子学生は前日の計量で規定体重をわずかに下回る〝アクシデント〟があったにもかかわらず、一晩で4㌔以上の増量に成功し、スクワットで145㌔をマークした。

 主将ら4年生はこの大会で引退。次期主将に内定している2年男子学生=全道「74㌔級」個人で2位=は「新メンバーの勧誘をしっかりして、サークル全体を成長させたい。まずは大学内でパワーリフティングという競技を広めたいです」と張り切っている。       (大)