人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

事務局長ら減給…美幌観光物産協会

tweet
2019/12/05掲載(美幌町/社会)

現金盗難、着服事件受け…
臨時総会で報告

 美幌観光物産協会の臨時総会が11月29日、美幌グランドホテルで開かれた。9月に元パート職員が協会事務所から現金約125万円を盗む事件を起こしたことなどを受け、事務局長らを減給処分にすることや、今後の運営体制が報告された。

 協会によると、元パート職員は、ぽっぽ屋収穫感謝祭が開かれていた9月22日、事務所の金庫から都市間高速バスの売上金などを盗み取った。

 さらに、この職員は、2016年から19年にかけ、物産館のレジから現金合計約218万円を着服していたことも分かった。

 協会は10月23日付でこの職員を解雇処分とした。職員は、盗んだ売上金と着服した現金全額を弁済した。

 懲戒処分は、現金管理の監督が行き届いていなかったとして、事務局長と事務局次長をそれぞれ10%、2カ月の減給とした。

 辞意を表明している三坂重弘会長は、20年度総会まで務め、信頼回復に努めるとした。

 管理体制の改善策では、金融機関への入金処理の回数増加、事務管理職の増による会計管理の強化などを示した。(浩)