人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の叙勲

tweet
2019/12/06掲載(北見市/本誌連載)

配布エリア受章者の横顔紹介
北見・鮎田 耕一さん(76)

教育研究功労で瑞宝中綬章
北見工大学長としての6年間 やろうと思ったこと、やり切れた

 元北見工業大学学長の鮎田耕一氏(76)=現・名誉教授=は、教育研究功労により瑞宝中綬章を受章した。

 旭川市出身。北海道大学工学部、同大学大学院修了し1969(昭和44)年、北見工大講師に就任。1988(昭和63)年に教授となり、その後は地域共同研究センター長、図書館長、副学長を経て2008(平成20)年、学長に就任し、2期6年務めた。その後は特任教授となり2019年3月に退官した。

 鮎田氏は学長時代、地域貢献に力を注ぎ、子ども達の“理科離れ”防止にも取り組んだ。また、ポーランドやフィンランドなどの大学との協定締結に尽力し、同大学の国際交流事業のパイオニアとなった。

 「学長としての6年間は周りの方々のおかげで、やろうと思ったことをやり切ることができました」と語り、大学の国際交流については「今後も長く交流が続くことを願います」と話している。       (柏)