人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

秋の叙勲

tweet
2019/12/09掲載(美幌町/本誌連載)

配布エリア受章者の横顔紹介
美幌・吉野 勝夫さん(78)

受章は妻や多くの人のおかげ
国立療養所で結核などの診療に尽力
保健衛生功労で瑞宝中綬章

 美幌町在住の医師、吉野勝夫(よしお)さん(78)は、国立療養所で結核などの診療に尽力した功労が認められ瑞宝中綬章を受章した。

 東京都出身で札幌医大卒。専門は胸部・心臓血管外科。医大などでの勤務を経て1970年から国立療養所帯広病院、85年から2003年まで院長として美幌病院に勤めた。

 「美幌病院時代は医師が少なく、今では考えられないほど忙しかった。家族とは一緒に朝食をとれたら良いほう。学会に妻を連れて行くのが旅行代わりだった」。結核診療は薬や予防接種などが登場し、時代とともに進み、軽い症状なら薬で治るように。「美幌病院時代にゼロになった」と振り返る。

 美幌病院退職後も、この地域で医療に携わる。現在は介護老人保健施設アメニティ美幌施設長。「受章は皆さんのお陰。妻にも感謝したい。地域には医師が少ないこともあり、体が動き、頭が働くうちは頑張りたい」と話している。     (浩)