人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「キリンはなんて鳴く?」

tweet
2019/12/10掲載(北見市/教育)

ユーモア交え動物の生態紹介

 旭川在住の絵本作家あべ弘士さんが3日、北見若松小学校を訪れ、同校の児童と若松保育所の園児合わせて30人を前に特別授業を行った。「地球はどうぶつでいっぱい」と題し、ユーモアたっぷりに動物の生態などを話した。

絵本作家・あべ弘士さん
北見若松小で特別授業

 道教委の子どもの心に響く道徳教育推進事業の一環。あべさんは旭山動物園の飼育係を25年務めた後、絵本作家として本格的に活動。「あらしのよるに」など動物を題材にした作品を数多く手掛けている。

 授業は「人間の風邪は動物園で誰にうつるでしょう?」「猿にうつります」などと子ども達と掛け合いを楽しみながら進められた。「キリンはなんて鳴く?」の質問に首を傾げる子ども達。あべさんは「キリンはほとんど鳴かない。だけど一度だけ聞いたことがある」と話し「キリンの子どもが、すっごく静かに『フェッ』と言っていた」と声まねを交えて紹介すると、驚きと笑いに包まれた。

 動物の正しい描き方ワークショップも行われ、ウサギは「耳の付け根がくっ付いている」「顔は丸ではなく、カブに似た形」と特徴を紹介し、みんなで楽しく手を動かした。 (理)