人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「せかいのトイレ」イラスト担当

tweet
2019/12/10掲載(美幌町/社会・文化)

イラストレーター 美幌出身の寺崎 愛さん

「扉がない」「魚が見える」
漫画やクイズで楽しく紹介

 美幌町出身のイラストレーター、寺崎愛さん(39)=千葉県在住=が、11月に発行された児童書「たのしくて、う~んとタメになる!せかいのトイレ」(日本能率協会マネジメントセンター)のイラストを担当した。

 「せかいのトイレ」は、モデルで「定住旅行家」としても活動するERIKOさんの著作。テレビ構成作家で「トイレ博士」の佐藤満春さんが監修した。

 ERIKOさんらがアメリカ、ロシア、ネパール、ドイツなど世界14カ国のトイレを調べに行く内容で、「扉がないトイレ」「魚が見えるトイレ」「便座がないトイレ」など個性豊かなトイレが漫画やクイズ形式で楽しく紹介されている。

 寺崎さんは全編のイラストを担当。登場キャラクターは夫など周りの人をモデルにしたという。どうしたら飽きずに楽しんでもらえるか、ERIKOさんらと話し合いを重ねたそうで「クイズやあみだくじをたくさん考えるのが大変だった」と振り返る。

 北見柏陽高校を卒業し、武蔵野美術大学(東京)に進学。2007(平成19)年にイラストレーターの仕事を始めた。現在は「週刊プレイボーイ」(集英社)の「借金玉の今日はこれに頼りました」で挿し絵を担当している。著作は11の「釣りガール1年生」(アース・スターエンターテイメント)に続き2冊目。「2冊目なので落ち着いて作業ができた。ぜひ美幌の子ども達に読んでもらいたい。いずれは美幌にかかわる仕事ができたら」と話している。   (浩)