人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

子どもオーケストラ設立を

tweet
2019/12/27掲載(北見市/教育・文化)

北見市の地域おこし協力隊
生涯学習サポート隊・29歳女性

 北見市の地域おこし協力隊の「生涯学習サポート隊」を務める29歳女性が、子どもオーケストラの設立を目指して活動をスタートさせた。月1、2回、児童センターなどでコンサートや楽器演奏の体験会を開き、参加した子ども達を誘って2021年1月の設立を目指す。19日には緑ヶ丘遊子児童館でクリスマスコンサートを開き、ビオラの演奏を披露して子ども達に楽器演奏の魅力を伝えた。

コンサートや演奏体験会開き参加者募り
「演奏の魅力を伝え実現を」

 クリスマスコンサートには、市内でギター教室を開く36歳男性も出演。ビオラとアコースティックギターのセッションで「赤鼻のトナカイ」や「ジングルベル」を披露した。児童館を利用する30人の子ども達が演奏に合わせて歌い、アンコールが沸き起こる盛り上がりとなった。

 女性は横浜出身のビオラ、バイオリン奏者であり指導者で、JICAの青年海外協力隊員として南米・コロンビアで2年間、指導経験もある。今年8月から北見市の「生涯学習サポート隊」を務めており最長で3年間、生涯学習課に勤務し、市の生涯学習活動を支援する。

 子どもオーケストラの設立は業務の一環で、21年1月までの設立を目指す。設立後は子ども達に演奏を指導し、任期終了までにコンサートの開催を実現させたい考えだ。

 この日、クリスマスコンサートを終えた女性は「子ども達が一緒に歌ってくれて良かったです」と笑顔を浮かべ「オーケストラの設立には楽器の確保という課題もありますが、児童センターなどを回って演奏の魅力を伝え、実現させたいです」と決意を新たにしていた。         (匡)