人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

新春インタビュー

tweet
2020/01/13掲載(北見市/スポーツ)

北見緑陵高校陸上部

 五輪イヤーの今年、北海道でも東京オリンピック2020陸上競技のマラソンと競歩などが札幌市で行われます。そこで、マラソンと競歩の観戦の楽しみ方について、北見緑陵高校陸上部を訪ね、道内高校ナンバーワンランナーとウォーカーに話を聞きました。

道内高校トップ選手に聞く五輪観戦
長距離走・5千㍍ベストタイム 村上 太一選手
競歩競技・全道新人陸上優勝 永井 優会選手

昨年の全道高体連で後続を引っ張る永井選手(右)

昨年の全道高体連で後続を引っ張る永井選手(右)

 高校男子5000㍍で道内全選手が昨年マークした記録のうち、1位となる14分15秒01を打ち立てた村上太一選手(3年)と、全道高校新人陸上女子5000㍍競歩優勝の永井優会さん(1年)の2人をうかがいました。

―村上選手は全国都道府県駅伝(1月19日、広島)2年連続代表おめでとうございます

村上「ありがとうございます。夏の全道高体連は2位でしたが、記録ではナンバーワンになれましたので、自信を持って臨めます」

―昨年の3人抜き以上を期待します

村上「北海道チームの過去最高の18位以上を全員でめざしたいです」

―マラソン観戦の楽しみ方を教えてください

村上「ケニアなど海外勢が強いですが、日本勢も力を付けています。どの選手も魅力的ですが、特に服部勇馬選手は私が今年4月に進学する東洋大学出身でもあり、個人的に応援しています。つらくても最後まで粘るレース運びはうまいですね。暑い中での駆け引きが見ものです」

―競歩はまだ馴染みが薄い競技かも。まずルールを教えてください

永井「どちらか一方の足が地面に着いてなければなりません。それと、着地した足が体の中心を過ぎるまで膝を曲げてはなりません。大きくこの2つです」

―競歩の面白さは

永井「走るよりきついし難しいです。その分、自分なりに考えながら練習し、記録が伸ばせたらうれしいです」

―速く歩くコツは?

永井「かかとから着地し、骨盤を前後に動かすイメージ。全身運動です。昨年のホクレンディスタンスチャレンジで国内第一人者の藤井菜々子選手の歩きを目の前で観ました。無駄がなくきれいでした。いかに速く、美しく歩くかが見どころです」

―オリンピック観戦の注目は

永井「競技を審判員が見守りますので周回コースになります。札幌で観られれば、選手が何回も目の前を通りますので応援のしがいがあります。それに競歩には失格があり、後方の選手にもチャンスがあります。赤3枚で失格。警告表示板を見ながら観戦するとドキドキ楽しいと思います」

―永井選手も冬期に大会が

永井「2月に神戸で開かれる日本陸連U20選抜競歩大会に出場します。同じ日の前半に東京オリンピック日本代表選手選考会を兼ねた男女20㌔競歩日本選手権が行われ楽しみです。私も頑張ります」 (寒)

 

昨年のホクレンディスタンスチャレンジで一流選手と一緒に走る村上選手(左端)

昨年のホクレンディスタンスチャレンジで一流選手と一緒に走る村上選手(左端)