人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

傘寿野球の全道大会開催を

tweet
2020/01/16掲載(網走管内/スポーツ)

道内2チーム目も発足の見込み

 80歳以上の傘寿(さんじゅ)野球の全道大会が今年、新設されそうだ。昨年、北見や網走、遠軽、旭川、深川、帯広の選手達で道内初となる傘寿チームを設立。今年は道央圏にも発足しそうで、レジェンド達は「ぜひ傘寿の全道大会を開こう」と盛り上がっている。

今秋の実現に向け準備に奔走
80歳以上の“レジェンド”達
「やっぱり野球は楽しい」

初の傘寿紅白戦で整列する北見などの選手達(昨年5月、北見市営球場)

初の傘寿紅白戦で整列する北見などの選手達(昨年5月、北見市営球場)

 70歳以上の古希チームに所属する選手達が「試合に出たい」とレギュラー出場をめざし、これまでにない最高齢の傘寿チームを結成。昨年5月、北見市営球場で道内初の傘寿紅白戦が披露された。選手達は口々に「やっぱり野球は楽しい」と満足そうだった。

 気をよくした道内初傘寿チームの北見の男性(80、北海ベアーズ代表)と帯広の男性(83、帯広シニアスターズ代表)の2人は傘寿チーム結成推進世話人会を立ち上げ、道内16の古希チームに、傘寿チーム結成調査のアンケートを実施した。

 その結果「連合を組み傘寿チームを結成する」と回答したチームが4団体あった。ほかにも「参加したい」「検討する」と前向きな考えが計3チームあった。

 特に意欲的な古希チームの札幌スターズと岩見沢球友クラブは合わせて22人の80歳オーバー選手が揃い、連合傘寿チームの結成を決定。昨年発足した北海ベアーズ・帯広シニアスターズ連合チームの計16人と合わせ、2つの傘寿チームが今年、道内に誕生する。

 北見の男性らは「仮称・第1回北海道傘寿軟式野球選手権大会の実現に向け、準備を進めたい」と奔走。今秋の開催へ具体化を進める。「みんな野球をやりたい者ばかりなので話は早い。行動も伴うよう態勢を整えたい」と張り切っている。  (寒)