人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌で長生き楽しむための講演会

tweet
2020/01/30掲載(美幌町/社会)

食事と運動でフレイル予防を

座って動き学ぶ

 美幌町保健・医療・福祉ネットワーク推進委員会主催の長生きを楽しめるまちづくり講演会が25日、しゃきっとプラザで開かれ、高齢者ら約70人が、フレイル(虚弱)と呼ばれる状態を防ぐ食事や運動法を学んだ。

 美幌町の管理栄養士が「シニア世代の食事の基本」と題して講演。エネルギーやたんぱく質が不足した状態を低栄養と定義し「低栄養になると免疫力や筋力が低下し、ちょっとしたきっかけで寝たきりになりやすい」と指摘した。

 「1日にとる食品が10品目に近いほど寝たきりになりにくい」とする研究データを紹介。筋力維持に「魚や牛乳、肉」、認知症予防に「魚介類、牛乳、緑黄色野菜」をとると効果が期待できるとしつつ「いろいろな食品をバランスよく食べて」とすすめた。

 続いて地域ウエルネス・ネット代表理事の福岡永告子さんが「長く健康に生活できるための運動法」をテーマに実践を交えて講演。「体重や筋力などの低下が活動低下、食欲低下などフレイルのサイクルにつながってしまう。運動と栄養の2つが予防に大事」とし、いすに座ってできる運動を紹介。参加者は楽しく体を動かしながら、フレイル予防に必要な動きを学んだ。 (浩)