人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

19年度の行政評価結果概要まとめ

tweet
2020/02/22掲載(北見市/社会)

北見市が

事務事業1407件、評価の方向性を集計
市HPで公開中

 北見市は2019年度の行政評価結果概要をまとめた。19年度予算にかかわる事務事業(=中間・事後評価)728件と、20年度以降で内容が明らかな事務事業(=事前評価)679件の計1407件を評価の対象とし、個別に評価した方向性を集計した。

 中間・事後評価については、事業の今後の方向性を①継続②拡充③改善④効率化⑤休止⑥廃止⑦完了⑧終期設定―に分類。多い順に継続628件、改善47件、効率化33件、拡充18件、廃止と終期設定が各1件で、休止と完了はゼロだった。

 廃止としたのは、昨年で終了したオホーツクサイクリングの開催経費。

 事前評価については、事業の方針を①計画通り②再検討し実施③延期④取り止め⑤その他―に分類。多い順に計画通り613件、再検討50件、延期12件、その他3件、取り止め1件だった。

 取り止めは、現在地に建て直す西地区公民館に統合することにした働く婦人の家の整備。

 市は評価結果と集計した概要を、市のHPで公開している。 (匡)