人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

天文台21日スタート

tweet
2020/06/18掲載(網走市/社会)

網走スポトレ

 新型コロナウイルス感染症防止策で開催を見送っていた網走市呼人スポトレ天文台の今季天体観望会が21日、始まる。例年に比べ1カ月半遅れの今季スタート。日程を大幅に絞り込み、当初は予約制とするなど感染対策を徹底した上で開催する。

今年は選りすぐりの7開催
コロナ対策で1カ月半遅れ
初回は部分日食観察

スポトレ天文台(昨年8月撮影)

スポトレ天文台(昨年8月撮影)

 スポーツ・トレーニングフィールド管理棟の屋上にある天文台。1993年5月の開設以来、毎年15回前後の観望会を5~10月の期間中に開き、これまでに延べ約7千人が参加してきた。

 口径35㌢の大型望遠鏡を備え、案内役の網走市潮見のアマチュア天文家・桑野真行さんが毎回異なる星の魅力や最近の天文の話題を伝える。「ぜひ、きれいな網走の星空をご覧いただければ」と誘う。

 今年度1回目は21日(日)午後4時~6時、全国で見られる予定の部分日食を観察する。以降7月は昼間の惑星や月面x、8月は流星群、9月は秋の星雲星団、10月には2年ぶりに最接近する火星観察など選りすぐりの全7開催を予定。

 日程・内容は次の通り。

★6月21日(日)午後4時~6時=部分日食

★7月10日(金)午前10時~午後1時=昼間の惑星(金星)

★7月27日(月)午後7時~9時=月面X、土星の環

★8月12日(水)午後8時~10時=ペルセウス座流星群

★8月26日(水)午後7時~9時=上弦の月、木星、土星

★9月25日(金)午後7時~9時=星雲星団

★10月6日(火)午後7時~9時=火星接近