人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

あす21日に部分日食

tweet
2020/06/20掲載(網走管内/社会・文化)

午後4時12分から西の空で

太陽は直接見ないで

 太陽の一部分が月に隠れる部分日食があす21日、全国で見られる。天気が心配だが、網走市呼人スポトレ天文台の案内役・桑野真行さん(網走市)によると「日食は薄曇り程度なら見られます。ただし直接太陽を見ないなど気を付けて観察してください」とこの機会の観察とともに注意を呼び掛けている。

 部分日食は昨年12月26日以来でその際よりも太陽が欠ける。九州、沖縄など南日本のほうが大きく欠けるが梅雨の季節に重なる。

 国立天文台によると、太陽が欠けて見える食の始まりは北海道(札幌)で午後4時12分頃から、食の最大は同5時0分、食の終わりは同5時45分で1時間半ほどの天体ショー。次回、日本で部分日食が見られるのは2023年4月20日。

【観察の際の注意点】

・太陽高度は低いけれど、光は強いので太陽を直接見ない。

・日食グラスや遮光板を使って見る。

・新型コロナウイルス感染対策をとる。 (寒)