人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

高校野球北・北海道大会へ意気込み (1)

tweet
2020/08/03掲載(北見市/スポーツ・教育)

北見工業高…

 道高野連の令和2年北海道高校野球北北海道大会に北見支部から、北見工業高と北見緑陵高が出場する。3年生としてけじめの大会となる部員もいて、参加できることへの感謝と意気込みを語っている。

凡事徹底で北大会2勝めざす

 北見工業高は昨秋の支部代表。コンディショニングが難しい今季にあって、一発勝負でプレッシャーのかかる今支部大会を堂々と勝ち上がった。昨秋の全道新人戦は札幌大谷高に7ー8サヨナラ負け。立崎一光主将(3年)は「北北海道大会に忘れ物を取りに行く」と意欲を示し“北大会2勝”を今チームの目標に掲げる。

 支部大会は初戦の紋別高に松本羽空(2年)、小野瀬一路(3年)の2投手で5ー1、代表決定戦の網走南ヶ丘高戦は立崎投手(3年)が1人で投げて7回9ー1のコールド勝ち。注目のエース・松田大輝投手(3年)について田苅子弘之監督は「なんとか大舞台で投げさせたい」と前を向く。

 支部予選16イニングを通じ無失策の好守が光る。代表決定戦で無死満塁の大ピンチも内野ゴロWプレーの1失点で切り抜ける冷静さ。練習期間が短かった分、ノックではなく打撃練習の際に守備につく実践形式の生きた球で練習したのが良かったようだ。

 立崎主将は「試合ができることに心から感謝し、当たり前のことを当たり前にやる凡事徹底の精神で、一日でも長くプレーできるよう頑張る」と意気込みを語る。(寒)