人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「狩りガール」増やしたい

tweet
2020/08/17掲載(北見市/本誌連載)

北見から初の道猟友会会長
北見支部・堀江 篤支部長(72)

 北海道猟友会北見支部の堀江篤支部長(72)がさきごろ、北海道猟友会の会長に就任した。北見から道猟友会の会長に選出されるのは初めて。堀江会長は「責任の重さを感じています。安全とルール・マナーの徹底を第一に活動したい」と話している。


安全とルール・マナー徹底第一に
後継の育成、新人発掘にも意欲
人・ひと・240度

 昭和44年に狩猟免許などを取得し、45年に猟友会北見支部に入会した。「子どものころ、鉄砲を持っていた隣りのおじさんに猟に連れて行ってもらった時の感動が忘れられませんでした」と振り返る。支部長を10年、道猟友会副会長4年を経て会長に推薦され、大日本猟友会の理事にも選出された。

 道猟友会の会員数は、全国の猟友会の中で最も多い約5300人。基本的には「趣味の会」だが、猟に出るためには銃所持、狩猟免許など、厳しい試験・審査をクリアしなければならない。

 過去には、道内のハンターが死亡事故を起こした例もある。事故後、信頼回復と再発防止のため、道猟友会の全体責任として道内の狩猟を自粛し、ルール・マナーを徹底した。「危険と隣り合わせ。つねに緊張感を持つことが大事」と考える。

 銃の管理、使用が正しく行えているかを確認しあえるように、複数での猟や射撃場の利用を進める。特に会員が集まる射撃場での訓練は細かいルールを見て勉強できるため、大切だという。

 ボランティアとしての害獣駆除の役割のほか、鳥獣の保護管理や国有林、道有林の狩猟場所の確保など、考えなくてはならないことは多い。「一つひとつ課題を解決していきたい」と気を引き締める。

 後継者の育成、新人発掘も大きな課題の一つで、支部では若手ハンターが集まり「若猟会」を結成した。さらに女性ハンターにも着目し「『狩りガール』を増やしていけたら」と意欲を見せる。

 「会員が事故・違反なく、心配せずに狩猟出来るよう、意見をもらいながらやっていきたい」と抱負を語っている。   (菊)