人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見商業生2人コロナ感染確認

tweet
2020/08/25掲載(北見市/社会)

オホーツク教育局「発表できない」
情報発信限られ…不安と不満の声

濃厚接触者は「20人程度」全容把握もしない考え

 オホーツク教育局は24日午前、北見商業高校の生徒が新型コロナウイルス感染症にり患したことが判明したことから、この日から同校を臨時休校にしたと発表した。複数が発症している模様で感染拡大が懸念されるが、情報発信が限られている。突然の管内高校での発生に、保護者ら関係者からは不安と戸惑いの声が上がっている。

 同教育局によると、同校から22日に1人、23日に1人の感染が報告され、24日正午現在、計2人の感染を確認。学年、性別などは公表できないとしている。

 また、管内高校生の過去のり患人数について同教育局は把握していなければならないと思うが、なぜか「発表できない」とした。

 急ぎ感染経路の把握や感染拡大防止策に、教育行政として努めなければならないと思われるが、本紙の取材に対し、同教育局教育支援課は「調べることはしない」「今後もこれまで同様の感染拡大防止の取り組みを行う」などと話した。

 1人ではなく複数の優性が確認されており、感染拡大が予想されるが、それでも同教育局は濃厚接触者を「20人程度」とみて、この時点では全容把握に対処しない考え。夏休み明けに登校していたかどうかについても発表しないとする。

 発表直前の21、22日にはクラブ活動の管内規模の大会が北見市内で開かれている。200人超の大会には同校からも10人以上の生徒が参加しており、他校の保護者からは「大会の感染防止策は万全だったようだが、それでも心配。情報発表が少なすぎる」と不安と不満の声を上げている。2人とも個人情報を非公表としている。

 個人情報を非公表としているが、道教委が学校名などを公表したことについて、同教育局は「生徒の保護者から学校に感染の連絡があり、学校と道教委が協議した結果、休校を決めた。そのことの発表だ」とした。在校生の保護者には23日夜に一斉メールで休校を伝えたという。

 同教育局は休日明けの24日、報道機関の対応に追われた。記者会見は開かず、各社個別の対応としたためで、相当の時間が掛かった。結局、この日夕方、報道機関を対象に情報確認の目的で説明会を開くと改めて通知した。(寒)