人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見の新型コロナ感染

tweet
2020/08/26掲載(北見市/社会)

個人情報保護しつつ最低限の情報はほしい

 北見商業高校の生徒2人が新型コロナウイルスに感染した件では、この2人の存在が絶対的に守られなければならない。それと同時に、感染拡大防止策を急がなければならないが、周辺からは不安の声が相次ぐ。24日の記者説明会でもオホーツク教育局は、個人情報保護を理由にほとんどの質問に「答えられない」と情報発信を封鎖。同校はもちろん他校の保護者からも「個人情報を保護しつつ、最低限の情報はほしい」との訴えが広がっている。

全在校生の安全、保護者の安心も担保を

 憶測や間違った情報が広まり始めている。このままいくと最もしてはいけない、いわゆる犯人捜しや誹謗中傷へとつながり兼ねない状況だ。絶対にそうならないことを願いたい。

 同校の生徒数は345人、教職員数は39人(25日現在)。学校は18日から夏休み明けの授業を再開していた。

 ある在校生の保護者は「感染者が1人ではなく、2人ということは、個人的にではなく学校でうつったということなのか」と首をひねる。「だとしたら、濃厚接触者が20人というのは少なすぎる。うちの子も心配だ」と、もっともな意見を語る。

 日曜日の夜に一斉メールで、月曜日から休校と流れただけで、その後の連絡は遅れている。「連絡が来ないということは濃厚接触者ではないのか。対象外であっても、そのことの通知がほしい。いずれ再開するにしても安心のため、できれば全員のPCR検査をお願いしたい」と要望する。

 校外にも不安の声は広がりつつある。

 この1週間以内に管内規模の部活の大会があったことから「クラブ活動をしていたのだろうか」という声をはじめ「バスや列車を使っていたのだろうか」「どこに立ち寄ったのか」などと疑問の声が次々と上がってくる。

 これらは興味本位ではなく、急ぐべき感染防止策のためであり、大事な人の命を守るためで当然の疑問だ。

 24日の記者説明会の席でも「個人情報以外についても公開しようとしないのはなぜか」と同教育局の姿勢を追究する声が挙がった。少なくとも感染者と同様に全在校生の安全、保護者の安心は早急に担保されなければならず対応が急がれる。  (寒)