人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

シリーズ田園空間博物館 (7)

tweet
2020/08/26掲載(北見市/本誌連載)

北見市にある鎖塚

中央道路工事にあたった囚人の墓標

 1891(明治24)年、網走・空知両監獄の囚人約千人を動員し、5月から12月までの突貫工事で中央道路(網走-旭川間)が完成した。北見市端野町緋牛内にある鎖塚は工事で亡くなった囚人の墓標とされている。

 過酷な労働と栄養不足から300人以上が犠牲となった。囚人が埋葬されたまんじゅう型の3基の塚(土まんじゅう)に、逃亡防止のための鉄球や鎖が残されていたことから鎖塚と呼ばれるようになった。

 端野の開拓は97年の屯田兵の入地により本格的に始まったが、端野開拓の先駆けとして供養碑を建立。尊くも哀れな御霊を弔っている。(成)