人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

社明運動一人ひと言

tweet
2020/08/28掲載(北見市/社会)

オホーツク社会福祉専門学校・女子学生

笑顔のある社会

 近年、スマートフォンの普及によって、困ったことがあればすぐに指先で簡単に調べることができるようになった。私自身も辞書や本などで調べることはほとんどなく、動画なども今ではテレビを利用せずにスマートフォンに頼りきっている。

 スマートフォンは便利で簡単だが、良い点ばかりではない。世の中を見渡してみると、遠くにいる友達とスマホの通信ゲームばかりして外で遊ばない子どもや、家族とまったく話さずSNSに依存してしまう人が大勢いる。また、歩きスマホ、車を運転中のスマホなどの社会問題が起きていることも事実である。

 このような現象を目の当たりにすると、色々考えさせられる。私は小さい画面ばかり見続けるのではなく、自分の思ったことは直接相手の顔を見て言葉に発して伝えることの大切さを訴えたい。スマホの普及でコミュニケーション能力が低下していると耳にすることがあるが、自分から発信するように、そして相手の目を見て会話ができるように心掛けることで自然とコミュニケーションが取れ、この世の中から引きこもりや犯罪が減っていくのではないだろうか。一人ひとりの意識改革で社会全体が明るくなり、笑顔一杯の社会になることを願っている。