人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

小公園とは対照的…有識者会議「有効活用を」

tweet
2020/09/01掲載(北見市/社会)

再整備検討中の中央公園

遊具や憩いのスペースはなく 園内は寂れ、閑散とした状況

 市街地再生計画で再整備が検討されている中央公園(北4西1)は、近隣住民が足を運ぶ「街区公園」に位置づけられている。しかし遊具や憩いのスペースはなく、4条通側の歩道からは急な階段を上らなければならない不便さもあり、園内に足を踏み入れる人がほとんど見当たらない状況だ。

 きれいに整備された向かい側の小公園とは対照的で、7月に開かれた1回目の有識者会議でも公園の有効活用を求める声が上がっていた。

 敷地面積は3200平方㍍。かつては警察署が建っていた場所で、1973年に公園として都市計画決定し、75年には水流の景観を楽しむ壁泉(現在休止中)が設置された。園内にはトイレが設置されているが、東屋やベンチなどはない。

 一時期は北見冬まつりの会場として利用されたほか、数年前まで北見ぼんちまつり協賛のビアガーデンとして利用されたこともある。

 2019年はキッチンカーのイベントや集会などで3回の利用があたったのみで、近年はこのような状態が続いている。     (柏)