人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

防災を考える

tweet
2020/09/02掲載(北見市/社会・本誌連載)

北見市の防災に関する市民アンケートまとめから (3)

8月30日~9月5日は「防災週間」
洪水ハザードマップ
「知っている」市民の認知度3分の2以下
常呂が80.5%で最多

◇調査項目

 北見市で公表している洪水ハザードマップをご存知ですか

◇回答

 マップを「知っている」と回答したのは64.4%。市は2017年に端野と常呂、2019年に北見と留辺蘂のマップを更新して全戸配布を行ったが、市民の認知度が3分の2以下にとどまっていることが分かった。

 「知っている」と回答した割合を自治区別で見ると北見64.1%、端野55.7%、常呂80.5%、留辺蘂62.6%で、常呂が突出して高かった。

 また、年代別で見ると39歳以下が56.4%、40~59歳が65.6%、60歳以上が68.1%で、年齢が上になるにつれて割合が高くなることも分かった。   (匡)


「洪水ハザードマップ」一度は確認を
自宅や避難所の浸水確率が一目で
北見市HPでダウンロード可能


 北見市は大雨によって河川が氾濫した場合に浸水するおそれのある地域・範囲や避難場所などを知らせる洪水ハザードマップを更新し、2017年と19年の2年間で全戸配布した。

 確認が必要なのは、自宅と周辺地域の浸水の危険性。マップは浸水深が色分けで記されているため、自宅や避難所が浸水する可能性があるかどうか、一目で確認することができる。

 市のHPでダウンロードできる。問い合わせは市防災危機管理課(0157・25・1171)へ。  (匡)