人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「小さな親切」実行章

tweet
2020/09/04掲載(北見市/社会)

北見の1団体・2個人に

店舗の一部開放や長年、子ども会活動続け
親切が社会にあたたかな心の輪を広げ

 「小さな親切」運動本部は北見市内の1団体・2個人にそれぞれ、「小さな親切」実行章を贈った。例年は7月の社会を明るくする運動・市民のつどいの席上、市民を前に表彰しているが、今年は新型コロナウイルス感染対策のため、つどいは中止に。「小さな親切」運動北見支部からこのほど伝達された。

 同支部によると、北海道銀行北見支店は店舗前にある停留所でバスを待つ人達のために店舗の一部を待合室として開放。厳しい寒さの冬期間も開放し「ありがたい」と温かな気遣いを感謝する声が上がっている。

 74歳男性は北見市上ところ地区の子ども会活動に長く取り組む。「子どもも自然も地域の宝」の信条のもと、ホタル友の会をはじめ環境にやさしいエコスクールセミナーなどの運営に関わり、自治会防犯運動を含め活動は多岐にわたる。

 71歳男性も子ども会の活動に30年以上にわたり取り組む。子ども会育成連絡協議会や青少年健全育成推進会など北見市西地区の子ども達の成長活動に欠かせない存在。ペタンクなど自らもレクリエーション活動に熱心に励んでいる。

 表彰式で運動北見支部長が「あなたの親切は社会にあたたかな心の輪を広げました」と実行章を手渡した。

 道銀北見支店を代表し、受け取った同店の女性次長と女性社員は「皆さんのお役に立っているならばうれしいです」、74歳男性と71歳男性はともに「子ども達の成長を見守るのが楽しみ」と今後も取り組みたいと謝辞を述べた。     (寒)