人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

11~20日・全国地域安全運動

tweet
2020/10/07掲載(北見市/社会)

道警北本は街頭啓発など実施

 「全国地域安全運動」が11日~20日、展開される。重点目標は「特殊詐欺の被害防止」と「子供・女性の犯罪被害防止」の2点。特に、今年の道内における特殊詐欺被害の認知件数は前年より増加しており、注意が必要だ。道警北見方面本部は同運動の期間中、街頭啓発などを予定しており、住民への呼び掛けを強める。

特殊詐欺被害防止
子供・女性の犯罪被害防止重点に

 同本部生活安全課によると、今年の道内における特殊詐欺被害の認知件数は8月末現在、111件(前年同月比8件増)で、被害額は2億4700万円(同4600万円減)。111件のうち74件が、警察官や市役所職員を名乗る相手にキャッシュカードを盗まれる手口だ。

 オホーツクではこの手口による相談はないものの、道警は1日、札幌を中心に相談が相次いでいることから、特殊詐欺警報を発令した。期間は14日まで。

 同課は「いつ、この地域が狙われるか分かりません。キャッシュカードを渡さず、暗証番号を教えないで」と注意を呼び掛けている。

 また、今年のオホーツクにおける女性と子どもへの声掛け事案は8月末現在、60件(同5件減)。減少しているものの、夕暮れが早まる中で警戒が必要として、地域に見守りへの協力を求めている。

 同本部は11日(日)午後1時から、道の駅おんねゆ温泉で街頭啓発を実施。白バイやパトカーを展示し、運動をPRする。運動期間中、自転車の防犯診断やボランティアとの見守り活動も予定している。    (匡)