人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見でオープントランポリン競技選手権

tweet
2020/10/23掲載(北見市/スポーツ)

「バーチャル・コンペティション・カップ」

全国初、動画で演技を採点
全国11団体、約100人が参加

 ビデオ撮影した演技で競うトランポリン大会の審査会が18日、道立北見体育センターで開かれた。トランポリン競技としては全国初の試みで、コロナ禍で大会が減少する中、実験的に開催。主催の北見トランポリン協会が全国の団体に呼びかけて実現させた。

 北見オープントランポリン競技選手権大会「バーチャル・コンペティション・カップ」と銘打ち開催。各団体が事前に動画撮影した演技を再生し、審査する。クラブや協会、大学単位で申し込みがあり、北見市、釧路市、静岡県、熊本県など道内外の計11団体から約100人が参加した。

 同協会の赤塚洋人理事長は「今年はコロナ禍で各種大会が中止を余儀なくされました。何とか大会ができないかと考えて企画したところ、全国から予想以上に多くの選手が参加してくれて嬉しい」と話していた。

 種目は男女とも個人戦のみで、A、B、Cの3クラスに分けて実施。審査会場では、公認審判員6人が真剣な眼差しでモニターを見つめ、手元のスマートフォンに得点を入力。パソコンで集計した。

 入賞者には後日、メダルと賞状が送られる。     (柏)