人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

交通事故死ゼロ 3000日到達

tweet
2020/12/07掲載(訓子府町/社会)

訓子府町に道知事などから表彰状

 交通事故死ゼロ日数が12月1日に「3000日」に達するなど長く交通安全活動に取り組む訓子府町に対し、道知事をはじめ各方面から表彰状が伝達された。町内の交通安全推進4団体を含む関係者が出席し4日、町総合福祉センターで表彰式が行われ、長年の業績がたたえられた。

安全推進4団体にも北見署長から感謝状

記念撮影に収まる菊池町長(前列中央)ら関係者

記念撮影に収まる菊池町長(前列中央)ら関係者

 町内で2012(平成24)年9月14日、バイク事故で1人が死亡した。前年9月にも女性2人が亡くなる交通事故が発生している。

 式で挨拶した同町の菊池一春町長によると、これらの事故を重くみて「信号機の設置を要望するとともに、町民自らが学校で地域で職場でと地道に事故死ゼロに取り組んできている」。秋の交通安全運動では毎年、町民約250人が参加する交通安全パレードが継続されているという。

 人命尊重、安全社会への貢献をたたえる道知事、北海道交通安全推進委員会会長の表彰状がオホーツク地区交通安全推進協議会の大月淳事務局長(オホーツク総合振興局環境生活課長)から菊池町長に伝達された。

 また、子ども見守り活動や通学路の安全確保に取り組み、交通事故抑止に多大なる貢献を果たしたとして、北見方面北見警察署の伊藤史署長から感謝状が町交通安全協会、町交通安全指導員会、町内会連絡協議会、町実践会連絡協議会にそれぞれ贈られた。

 菊池町長は「皆様の地道な活動に感謝する。5千日、1万日と町民の命を守る取り組みに全力を挙げる」と誓い、礼の言葉を述べた。(寒)