人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見緑陵高で文化系6部局が校内発表

tweet
2020/12/18掲載(北見市/教育)

学校祭の代替イベント…24日まで盛り上げ

 北見緑陵高校の文化系6部局が、新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止となった文化祭の代替イベントを校内で実施し、生徒や教員に笑顔を届けている。

茶道部による茶道体験会

茶道部による茶道体験会

 代替行事は吹奏楽部、放送局、演劇部、茶道部、華道部、美術部の6部局が、学校祭をはじめ、参加予定だった大会やイベントの中止などで発表の機会が減っていることから企画した。11日から始まり、初日は吹奏楽部と放送局による発表のほか、花火も打ち上げられた。

 14日は茶道部による茶道体験会と演劇部の特別校内公演が行われた。茶道体験会は密な空間になりやすい作法室から被服室に会場を移し、部員が手順を教えながらそれぞれ抹茶を点てて楽しむスタイルで行った。男子生徒の参加も多く、部長(2年)は「気軽な雰囲気で茶道を楽しんでもらえたと思います」と話していた。

 演劇部は同部の2年女子生徒が脚本を書いた「終わりよければ、」などコント3本を熱演し、観客を魅了した。感染症対策として観客を20人に限定しての公演だったが、部長(2年)は「皆さんがたくさん笑ってくれ、温かな空気をつくってくれて感謝しています。見てもらったことで、ぼくたちも元気をもらうことができました」と話していた。

 21日から24日までは、美術部と華道部による展示が生徒玄関など彩り、イベントを締めくくる。   (理)

 

演劇部の特別公演

演劇部の特別公演