人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

コロナ禍のなか対策施し 各地で成人式

tweet
2021/01/14掲載(置戸町/行事)

静かにおとなの仲間入り

 管内各地で10日、成人式が行われた。今年は新型コロナウイルス感染症対策の中での開催。祝賀パーティーを中止するなど内容を凝縮せざるを得ないなか、参加者は静かにおとなの仲間入りを果たした。一方で北見市は中止、網走市は夏に延期、美幌町はオンライン開催に変更するなど各自治体が健康と生命を第一に、今できる限りの対応策で新成人を祝った。

置戸町成人祭のキャンドルサービス

置戸町成人祭のキャンドルサービス

 置戸町の成人祭は町中央公民館で行われ、対象の28人のうち20人が直前2週間の健康チェックを提出して参加。昨年の先輩成人から引き継がれた、あたたかなキャンドルサービスの明かりのなか、3人の代表者がハタチの想いを朗読した。

 男性は幼い頃に母を亡くし、男手一つで育ててくれた父親への感謝の言葉、女性はいつも友人がそばにいて心の拠りどころだと語り、もう1人の男性はたくさんの夢を持って農業を継ぐと誓った。

 深川正美町長や中学3年当時の学級担任のお祝いの言葉を受けて、成人祭実行委の会長が「今まで多くの人に支えられてきた。これからは私達が支えとなれるよう精進していく」と誓いの言葉を述べた。出席できなかった8人にはSNSのグループLINEを利用したライブ配信が行われた。

 訓子府町の成人式は対象者59人のうち51人が直前2週間の体調管理シートを提出し、町公民館で開催。受け付け作業を分散し、入退場の動線を設けたほか家族の入場は各1人として、別室に動画モニターを用意した。

 国歌斉唱を心の中で行い、町民憲章朗唱は主催者1人で読み上げた。菊池一春町長のお祝いの言葉を受け、新成人代表の男性が「責任ある社会人として常に前を向き歩んでいくことを誓う」と答辞を述べた。

 式典は40分程度で終了。交流パーティーを行わず、菓子の詰め合わせと町商工会からの商品券がプレゼントされた。終了後、男性参加者は「外で少しおしゃべりをして、帰ります」と、おとなの一歩を静かに踏み出していった。   (寒)

 

ソーシャルディスタンスで訓子府町成人式

ソーシャルディスタンスで訓子府町成人式