人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見市高齢者保健福祉 (1)

tweet
2021/01/18掲載(北見市/社会)

~介護保険事業計画より高齢者を取り巻く現状

 北見市は、高齢者が安心して過ごすための第8期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(2021~23年度)の素案をまとめた。同計画案第2章「高齢者の現状と将来推計」には、近年の高齢化の実情や介護保険制度の状況、アンケート調査の結果などが盛り込まれている。連載で紹介する。

高齢者支える現役世代も先細り
20年後の高齢化率は44%
現役世代1人が高齢者1人を支え

 北見市の総人口は年々減少が続いており、第7期計画初年度の2018年度には11万8277人だった人口が2年後の20年度は11万5641人と3139人減少。さらに第8期計画最終年度の23年度には11万2792人と2850人減少する見通し。今から20年後の40年度には9万人割れの8万9919人と予想され、高齢者を支える労働力人口も先細りが見込まれる。

 高齢化率(総人口に占める65歳以上の人口割合)は18年度が32.5%、20年度が33.5%、23年度が35.6%と着実に高齢化が進行。40年度には44.4%となる見通しで、現役世代1人が高齢者1人を支える時代に突入する。

 高齢者人口の増加に伴い、高齢者世帯も増え続けている。18年度の単身高齢者世帯は1万2328世帯で総世帯数の20.0%。高齢者2人のみの世帯が8784世帯で14.3%。20年度には単身が1万2983世帯で21.0%、2人が14.6%となり、世帯全体の35.6%が高齢者のみの世帯という現状だ。     (柏)