人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

網走市 2021年度予算案を発表

tweet
2021/02/18掲載(網走市/政治)

一般会計244億円、過去20年で最大に

 網走市は、2021年度予算案を発表した。一般会計は243億9千7百万円(前年比5.7%増)で、2002(平成14年)度以降で最大規模となった。新庁舎の建設費や学校給食施設整備、網走厚生病院に開設される泌尿器科で使用する高度医療機器整備の補助などが要因。歳入においては市税が前年比10.4%の減で、コロナ禍においての市民税などの大幅な減収を見込んでいる。記者会見で水谷洋一市長はコロナ禍においての経済対策として「底支えをしていく予算を計上させていただいた」などと述べた。

新庁舎建設費や高度医療機器整備の補助などで
歳入は新型コロナの影響で大幅減収見込む

記者会見で予算案を説明する水谷市長(左から3人目)

記者会見で予算案を説明する水谷市長(左から3人目)

 一般会計の当初予算額が前年より増額した主な要因は「認定こども園の建設補助、公的病院が行う高度医療機器整備に対する補助、新庁舎建設費、学校給食施設の整備のほか、ふるさと寄附にかかる経費」(資料より)となっている。

 「歳入」の2割を占める市税は42億7千百万円余りとし、前年比で4億9千5百万円余りの減。「新型コロナの影響による個人と法人の市民税の落ち込みを見込んだ」(担当職員)。

 「歳出」の衛生費は18億2千7百万円余りで、同比23.8%の増。網走厚生病院に導入する高度医療機器整備に対する補助金などが含まれることから膨らんだ。

 実質的な地方交付税(臨時対策債を含む)は72億3千3百万円で、同比3億5百万円(4.4%増)となっている。

 借金の市債残高は21年度末で355億円と見込む。前年同期と比べ5億円、ピーク時の02(平成14)年度より179億円減る。

 水谷市長は会見で「コロナ禍において人がなかなか動かない状況の中において、地域の経済の回復に向けた取り組みを進めたい」などと話していた。

 ……………………

 主な新規事業は次の通り

◎高度医療機器整備補助(2億7千万円)

◎学校給食施設整備事業(1億1750万円)

◎紙おむつ等の焼却処理事業(3千5百万円)

◎高齢者運転免許自主返納促進事業(156万円)


この記事の動画はこちら
https://youtu.be/j7yYa1IP-F0