人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌町が2021年度予算案を発表

tweet
2021/02/25掲載(美幌町/政治)

一般会計111億5403万円

 美幌町は18日、2021年度予算案を発表した。一般会計は111億5403万円。役場庁舎や屋外多目的運動場など公共施設の整備が一段落し、過去最大だった20年度比20.6%の大幅減。特別会計と企業会計を含めた総額は同10.2%減の212億7559万円となった。

箱物終わりソフト事業に重点

予算案を説明する平野町長

予算案を説明する平野町長

 一般会計の歳入は、町税が同1.6%減の21億7700万円。地方交付税は同1.5%減の38億3500万円を見込んだ。

 主な事業では、新型コロナウイルス感染症対策に約2億3千万円を計上。ワクチン接種のほか、避難所の感染症対策、PCR検査センターの維持管理、店舗の感染予防対策リフォームへの補助金交付、プレミアム商品券発行などに取り組む。

 また、コロナ禍で備蓄すべき資機材が増えているため、役場庁舎北側に備蓄倉庫を設ける。21年度は実施設計を行う。

 防災関連では、厳冬期の避難訓練を初めて行う。実施は来年1月の予定。

 ふるさと寄附金事業と移住定住促進事業は、それぞれ特設サイトを設ける。

 空き家を取り壊す際に最大50万円、取り壊して住宅を新築する場合に最大100万円を補助する。

 寄贈を受けた旧田畠医院建物を改修し、障がい福祉団体の活動拠点にする。役場庁舎の完成で空くしゃきっとプラザ2階も、母乳育児相談室や保護司会などの移転に向けて改修する。

 汚れたプラごみが多いなどの理由で計画より埋め立てが早く進んでいるごみ処分場は、基本計画の策定に着手する。

 観光では、北見、小清水など2市3町のサイクルアドベンチャーの協議会でツアーなどを行う。地域おこし協力隊1人を採用し、観光物産協会に配置する。

 美幌高校は、女子生徒の下宿費補助など支援を拡充。20年度は美幌小のみだったイングリッシュルームは3小学校すべてで行う。子ども達の防災意識を高める「一日防災学校」は、新たに中学校でも実施する。

 平野浩司町長は「箱物が終わり、ソフト事業、町民皆さんに活躍してもらう予算に重点を置いた。希望や元気、活力に満ちるまちづくりを進めたい」と述べた。(浩)