人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

置戸町議会サンデー議会を開催…

tweet
2021/03/26掲載(置戸町/政治)

傍聴人24人と多数に

 置戸町議会の「サンデー議会」が14日、町議会議事堂で行われた。本紙調べで、町民ら24人が傍聴し、コロナ禍にあっても関心の高さが窺われた。

コロナ関連、町指定文化財など一般質問

 かつては町内会を通じて傍聴を呼び掛けることをしていたが、今回は新型コロナウイルス感染防止対策のため大規模な周知は行わなかった。そんな中での24人の傍聴は「多い方では」と町の関係者。

 サンデー議会では一般質問が行われ、ほぼ全議員が登壇した。

 高谷勲議員は新型コロナウイルス感染症における町民の生活困窮者の実態把握と支援について質問。深川正美町長は「声を上げられない人や、間接的に援助を得られなくなった人などの実態把握も行い、不幸な人が出ないまちづくりに努めたい」と手厚い施策の考えを述べた。高谷議員は「困窮する前の手だても」と要望した。

 澁谷恒壹議員は勝山温泉ゆぅゆ周辺整備事業の継続と今後の事業の進め方についてただした。深川町長は「ゆぅゆはコロナ禍で宴会需要が減少するなかコテージの利用は増加している。アフターコロナも見込める」と観光面での入り込みに期待。トレーラーハウスを導入し「四季を通じたアクティビティーを含め知名度を上げていきたい」と意欲を語った。

 嘉藤均議員は町指定文化財の現状と課題について「この10年間候補も出てこないのは残念。有形無形ともに候補はある。もっと議論する機会を」と町教委の平野毅教育長に質問。平野教育長は「ふるさと学習で『おけと学』に取り組むなど、貴重な価値を受け継いでいきたい」と前向きな考えを述べた。(寒)