人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

私は言いたい

tweet
2021/04/12掲載(北見市/本誌連載)

トイレの改善を

 市民として、北見市の公共施設の多くは誇らしいものなのですが、なかには設備が旧態依然として、残念に思うことがあります。その一つがトイレです。

 ある施設のトイレは暗く、狭く、冬は寒くて、市外からの来館者も多いことを思うと恥ずかしく、改善を望みたいです。

 女性用トイレのうち、多くが和式の場合があります。冬は、靴に雪が付き足もとがビショビショで和式の場合はコート類が濡れることが心配です。ついつい不潔に思い、私はできれば利用を避けます。高齢者も利用することを考えれば、和式スタイルはとても不便だと思います。

 トイレの環境衛生は重要視されるべきで、そこで提案です。

一、洋式(ウォシュレット付き)であること

一、明るいこと

一、清潔であること

 可能であれば、広いスペースであることを望みます。女性の希望として、パウダールームがあるとさらにうれしいです。快適な空間を、ぜひ利用者側に立って検討ください。

 市民が何度も足を運びたくなるような、魅力的な施設をめざしてください。施設で働く方々にとっても、楽しいワークスペースになることと思います。    (60代女性市民)