人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

役場新庁舎が供用開始

tweet
2021/05/10掲載(美幌町・津別町/社会)

テープカットで開庁祝う

美幌町役場のテープカット

美幌町役場のテープカット

 美幌町役場と津別町役場の新しい庁舎が6日、ともに供用を開始した。

 津別町の庁舎は旧庁舎の南東側に完成。木造・鉄筋コンクリート造2階建て、延床面積は約3261平方㍍で、庁舎、議会機能に加え健康福祉センター、社会福祉協議会を集約した。

 1階ロビーで開庁式が行われ、佐藤多一町長は「木材をふんだんに使い、津別産にもこだわった庁舎。魅力ある、新しいまちづくりを進めたい」とあいさつ。関係者がテープカットして開庁を祝った。

 美幌町の役場は旧庁舎北側に建設。鉄筋コンクリート地上3階・地下1階建て、延床面積4760平方㍍で、経済部など分散していた部署を集約。対策本部や備蓄など防災拠点としての機能を強化し、地中熱利用などによる省エネにも配慮した。

 庁舎前で開庁式が行われ(写真)、平野浩司町長は「すばらしい庁舎。新たなシンボルとして愛され、親しまれる庁舎となるよう、町民目線の行政サービスに努める」と述べた。津別と同様、関係者がテープカットを行い、供用開始を祝った。  (浩)