人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

健脚80歳32㌔歩く

tweet
2021/05/27掲載(置戸町/スポーツ)

置戸・男性

 「北見歩こう会」のメンバーで置戸町在住の男性が、80歳の誕生日を迎えた15日、置戸から北見まで32㌔を踏破した。歩ける喜びをかみしめ「まだまだこれから。負けず嫌いなので、誰よりもたくさん歩きたいですね」とはつらつとした表情で語る。

誕生日に北見まで記念ウオーキング
北見歩こう会に所属し25年
ゴールでは佐々木会長が出迎え

 同会に入会して25年。もともとウオーキングやマラソン、登山をたしなむ健脚の持ち主。「暇さえあれば歩いています」とふらりと家を出発し、毎日20~30㌔歩いているという。3年前に「喜寿」の記念に陸別まで歩いた。今回は「傘寿」の記念にと、かつて同会が実施した「懐かしの銀河線を歩く」コースをベースに、旧ふるさと銀河線置戸駅からJR北見駅まで歩いた。

 当日は朝から青空が広がり「最高のウオーキング日和。いい誕生日プレゼントになりました」と、出発前の男性に笑顔がこぼれる。飲み物や雨具、保険証のコピーを忍ばせたリュックを背負い、ストレッチを済ませて午前7時ちょうどに置戸を出発。道道北見置戸線を中心に大きな歩幅でぐんぐん歩みを進め、北見駅には予定より1時間早い11時30分に到着した。

 ゴールでは同会事務局長が男性を出迎え、直接手を触れない“エアハイタッチ”で無事のゴールを喜び合った。「1人だし、歩いているうちにどんどん調子が上がって、ノンストップで気持ちよく歩くことができました」と男性。

 現在はコロナ禍で活動に制限があるものの、仲間とともに歩くことが生きがいという。「歩くことが一番の健康の秘訣」と話し、88歳の「米寿」の記念ウオーキングに向けて「元気に歩けるよう、まだまだ歩き続けますよ」と意気込んでいる。 (理)