人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

道教委が高校配置計画案

tweet
2021/06/04掲載(網走管内/教育)

 北海道教育委員会は1日、2022~24年度の公立高校配置計画案を発表した。昨年提示し1年間の動向をみていた留辺蘂高校の23年度募集停止案と、美幌高校の1学級減案が再び盛り込まれた。7月以降に開く地域別検討協議会で説明する。

 留辺蘂高校の23年度募集停止案は昨年この時期に発表され、PTAや同窓会、地域住民による振興会などが猛反発。説明会の席で道教委に意見を述べ、多くの反対署名を集め提出したほか、市の教育長らが昨年、道教委に足を運び、再考の申し入れを行っている。

 そこで道教委は「北見市内の高校配置に関する今後の地域における検討状況などを勘案するための期間を置き、21年度に決定する」と改めていた。

 美幌高校の生産環境科学科と地域資源応用科をそれぞれ1学級減らし、未来農業科1学級を創設する案に関しても「新型コロナウイルス感染症対策の影響に伴う地域の検討状況などを勘案し、21年度に決定」と昨年9月の時点で示していた。